top of page
  • 執筆者の写真おほしさま保育園

くすっ

3歳近くなると、いろんな言葉を覚えて大人びた会話を話し始めようとする時期になります。


でも、微妙に、言葉の文字並びが違って、それもまたご愛敬。

たとえば、「おさかな」⇒「おかさな」のように・・・


とある女の子は、歌や手遊びが大好きで、ちょっとした間で歌い始めて、それがみんなで歌い始めるという、可愛らしい光景が始まります。


女の子

おにぎり おにぎり ちょっと つめて

きざみ しょうがに ごましお ふって

にんじんさん さくらんぼさん しいたけさん

ごぼうさん


あなー あいたの レンコンさん



穴が開いちゃったそうです。れんこんさん。


大人から聞いて一生懸命に覚えたんですね。

いずれは直るんですが、これはこれで、ほっこり、くすっとして和みます。

最新記事

すべて表示

サンタさんに「ありがとう」と・・・

お子さんの「くすっ」としたエピソードをご紹介します。 待ちに待ったクリスマス。2歳児男の子のエピソードです。 サンタさんからプレゼントが届き、嬉しくなった男の子。 思わず空に向かって「ありがとう!」とお話ししたそうです。 とっても可愛らしいと感じたお母さんでしたが・・・ 「サンタさんは、イオンでかったのかな?」 と男の子はつぶやいて、夢のない発言がでてきたそうです。 来年も純粋でいてほしい・・・・

人の「本音」が求めるもの

久しぶりの園長のつぶやきです。 もう、カレンダーのページもあっという間に最後。 クリスマス、年越し、大雪、、、、 相変わらず考えること、やらなきゃいけないことが沢山! そんな風に過ごしていると、年々、1年過ぎるスピードがはやいのなんの。。。。 さて、タイトル「人の本音」について… 子どもから大人まで、人が生まれてから死ぬまで どんな国に生まれても、「本音」というものは持ち合わせていると思います。

Comments


bottom of page